‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

車体の中心に近いところに乗る

2014/01/29

近年、旅行会社などでは安価なバス旅行の企画が多いです。

 
バスを利用しての日帰り旅行などが中高年層に人気が高くなっています。

 
日帰りバス旅行の場合、バスの乗車時間を少なくするため、目的地が比較的近距

 

離が多く、途中に何回かの休憩を入れるのが一般的です。

 
一日中車に乗ることで、車に酔う人であれば酔い止めを飲んでおいたほうがよい

 

です。

 
昔のバスと違い、乗り心地が良くなっている点としてバスのサスペンションやショッ

 

クアブソーバーの改良により、タイヤの上であっても振動が伝わらない乗り心地と

 

なっていて、さらに言えば手荷物をキャビンの下にし、空間が出来ることで、ショッ

 

クが多少吸収されるため、逆に最後尾などは振れが大きくなるため酔うという人も

 

多です。

 
ただ、タイヤとタイヤの中心部分が一番安定しているとも言え、さらに心理的にも

 

中心は酔いにくいと考える人が多いことで、車体の中心部分に酔い易い人を乗せ

 

たほうが良いと言われています。

 

 

メカニズムを考えても、前方と中心と後方を比較してみると、中心に近い部分に座

 

った人は転回時の遠心力や揺れによって伝わる振動が最も少ないというような観

 

点からみても、中心部分が一番快適であると言えるでしょう。

ツボを刺激しよう

2014/01/29

乗り物に酔いやすい人にとって旅行や帰省時の移動は憂鬱に感じるものかもしれません。

 
乗り物酔いは、乗っている時の独特な振動で三半規管が刺激を受けて、一時的に自律神経失調状態に陥るために起こるもので吐き気やめまいなどの不快な症状をもたらします。

 
あらかじめ薬を飲んで対策するほかに、自分でも出来ることとしてツボを刺激するという方法があります。

 
乗り物酔いに効くのは、手首の付け根から指1.5本分ほど置いた手首の中央の凹んだ場所にある内関という場所です。
気持ちが悪くなってから内関を刺激をしても十分に効果を得られますが、酔いやすい人は、あらかじめ乗り物に乗る20分前にこの場所をしっかり揉んでおくとよいでしょう。

 
また、足のくるぶしから内側のすねに向かって、親指の幅5本分をあがったところにある築賓と、築賓からさらに親指の5本分ほど上がったところにある地機も乗り物酔いをした時に刺激をすると吐き気を改善する効果がある場所です。
この二つは近い位置にあるので足を組んだ状態で同時に両手の親指でほぐすように押し込むようにしましょう。
またこれら乗り物酔いに効果のある部分は、乗り物に乗る数日前から一日数分程度刺激をすることで乗り物酔いを防ぐことが出来るとされていますので、酔いが心配な人はあらかじめ準備をしておくとよいでしょう。

自分で運転する

2014/01/29

車に乗ることによって酔ってしてしまう人というのは、乗り物に乗って出かけるのが億劫になってしまうものです。

 
せっかくドライブなどをしていたとしても楽しいどころか気分が悪くなってしまいますので、出かけたくなくなることでしょう。

 
しかし綺麗な景色を見に行ったり、どこかレジャーに出かけるのであれば、自動車に乗っていくのはとても便利です。

 
ですので出来るだけ酔わないようにすれば、出かけるのも苦にならなくなるでしょう。

 
そこで、車に酔わないための方法としてあるのが、自分で運転をするという事なのです。

車に酔ってしまう

 

ときというのは人の車に乗せてもらっている時が多いはずです。

 
なぜ人の車に乗せてもらっていると酔いやすくなるのかというと、揺れるタイミングがわかりづらいという事にもあります。

 
助手席や後部座席に乗っていると、そこまで集中して揺れるタイミングやカーブなどを意識していることはないでしょう。

 
ですので、その気の引き締め方の違いによっても酔いやすくなってしまうということがあるのです。

 
しかし自分が車を操作するとなると、集中して行う必要がありますので、揺れのタイミングもわかりやすくなってきます。

 
ですので、酔いやすい場合は自ら車を操作するようにしておくといいでしょう。

揺れや加速度に体を慣らす

2014/01/29

クルマに乗っている時に、揺れや加速度を感じます。カーブ途中での遠心力、未舗

 

装道路での上下動ですね。クルマの性能が良くなり、高速でカーブを回れるように

 

なりましたが、スピードが速ければ、遠心力も強くなり、体が左右に押し付けられま

 

す。シートベルトしてると少しは、良いのですが、姿勢が崩れることもあるので、両

 

足で踏ん張る必要がります。加速度は始動して、アクセルを踏んでギアが変速す

 

る時に感じます。クラッチのあるクルマばかりの時代には、運転者のギア操作の上

 

手下手で乗り心地は随分違ったものです。特にアメリカ車は、乗り心地を良くする

 

為に足回りを柔らかにしているので、気を付けたいものです。欧州車、なかでもメ

 

ルセデスベンツは、高速走行を前提にしているので、足回りは硬く作ってますの

 

で、乗り心地が悪く感じますが、体が慣れるとこちらの方が楽だと思います。

 

もう一つは、運転車者よりも同乗者は、掴むところが少ないので、注意すべきでし

 

ょう。また、運転者は同乗者に配慮した運転も心がける必要があります。バスに乗

 

車する場合は、車軸間隔が長いので、上下動には強いのですが、車幅も広いの

 

で遠心力が強く働くので、気を付けたいものです。

酔い止め薬の選び方

2014/01/29

乗り物に乗ると起こる「乗り物酔い」は、子供でも大人でも悩まされる方がみえま

 

す。

 
乗り物酔いの原因は、耳の奥にあって体のバランスをつかさどる「三半規管」が、

 

加速や揺れで刺激を受けることで影響され、最終的には自律神経系の失調を招

 

いて気分を悪化させるものです。

 

 

こうした乗り物酔いを防ぐために、「酔い止め薬」が市販されています。

 
主な成分としては、「抗ヒスタミン薬」や「抗コリン薬」などがあり、神経系の鎮静や

 

鎮痛効果をもたらすものです。

 
こうした酔い止めの薬は、乗車の30分から1時間程度前に服用することで効果を

 

発揮します。

 

 

各社が様々な酔い止めの薬を発売していますが、出先で服用する場合、水がす

 

ぐに手に入らないケースもあります。

 
そのため、最近は水が無くても飲めるタイプのものが増えています。

 
トローチタイプのなめるものや、かみ砕いて飲み込むタイプなど、種類は様々で

 

す。

 

 

ただし、子供が服用する場合は、大人用では薬効成分の量が多くて眠気を増幅

 

させたり、知覚の低下を招くこともあるため、用法や用量をよく確認することが大切

 

です。

 
また、大人でも酔い止めの薬を服用することで、強い眠気を催すこともあります。

 
そうした状態での運転は危険を伴うので、絶対に避けましょう。

 

 

なにより、前日に十分な睡眠をとり、適度な食事をして体調をしっかりと整えておく

 

ことで、乗り物酔いの防止につながります。

車酔いしないために

2014/01/29

バスや乗用車など乗り物に乗ると酔ってしまうことがあります。これは、耳の奥にある

 

内耳の三半規管と言う平衡感覚を司る器官に減速や加速、カーブなどの加速が

 

伝わることで引き起こされるもので、一定のスピードで進むものでない乗り物の際

 

によく起きる症状です。個人差がありますが、睡眠不足や疲労、車内の臭いなどに

 

よっても引き起こされることがあり、めまいや吐き気などの症状があり乗り物から降

 

りて外の空気を吸い、しばらく休むと回復します。普段から酔いやすい人は自分

 

に合う予防策を見つけるのが良いでしょう。乗っている際はできるだけ遠くを見た

 

り、窓を開けて新鮮な空気を入れると言うのはよく知られている方法です。出かけ

 

る前に薬を服用したり、前日にしっかりと睡眠をとっておく、空腹状態を長い時間

 

放置しない、休息をこまめにとるのも良いでしょう。後ろの席に座るよりも助手席の

 

ほうが、進行方向を見ておくことができるので姿勢などの対応もできて良いでしょ

 

う。また酔いやすい体質だと思い込んでしまうと精神的な影響を受けてしまいます

 

ので、思い込まないようにしましょう。ゆったりと座ってリラックスするようにして、ちょ

 

っと酔って来てると感じたら早めの休息を入れて外出を楽しみましょう。

外的要因とは

2014/01/10

車に乗っていることによって、気分が悪くなってしまい、酔ってしまった経験がある

 

人も多いはずです。

 
酔ってしまう原因としてあるのが、カーブや揺れが原因になっている場合です。

 
ですので、揺れの激しいような道の場合は酔いやすくなってしまいます。

 
しかし、原因となっているのはそういったこと以外にも考えられることがあるので

 

す。

 
それが車内の匂いなのです。

 
自分が好きな匂いであればいいと思いがちではありますが、車に揺られていること

 

によって、そのいい匂いだと思っている匂いでさえも気分が悪くなってしまう原因

 

になる場合があります。

 
そして自分の苦手な匂いでも酔いやすくなる人がいます。

 
例えば、バスやタクシーには特有の匂いがあると言えるでしょう。

 
ですので、その匂いに反応をして気分が悪くなる場合があるのです。

 
そういった風に車内の匂いが原因で酔ってしまうような場合には、出来るだけ匂い

 

のきついものは使わないようにしておくといいでしょう。

 
公共の乗り物であれば自分の思うように匂いを変えることはできませんが、自分の

 

家の車であればできる事です。

 
ですので車内には匂いのきついものは使わないようにして、車に酔わないように工

 

夫をしていくようにしましょう。