車酔いしないために

バスや乗用車など乗り物に乗ると酔ってしまうことがあります。これは、耳の奥にある

 

内耳の三半規管と言う平衡感覚を司る器官に減速や加速、カーブなどの加速が

 

伝わることで引き起こされるもので、一定のスピードで進むものでない乗り物の際

 

によく起きる症状です。個人差がありますが、睡眠不足や疲労、車内の臭いなどに

 

よっても引き起こされることがあり、めまいや吐き気などの症状があり乗り物から降

 

りて外の空気を吸い、しばらく休むと回復します。普段から酔いやすい人は自分

 

に合う予防策を見つけるのが良いでしょう。乗っている際はできるだけ遠くを見た

 

り、窓を開けて新鮮な空気を入れると言うのはよく知られている方法です。出かけ

 

る前に薬を服用したり、前日にしっかりと睡眠をとっておく、空腹状態を長い時間

 

放置しない、休息をこまめにとるのも良いでしょう。後ろの席に座るよりも助手席の

 

ほうが、進行方向を見ておくことができるので姿勢などの対応もできて良いでしょ

 

う。また酔いやすい体質だと思い込んでしまうと精神的な影響を受けてしまいます

 

ので、思い込まないようにしましょう。ゆったりと座ってリラックスするようにして、ちょ

 

っと酔って来てると感じたら早めの休息を入れて外出を楽しみましょう。