ツボを刺激しよう

乗り物に酔いやすい人にとって旅行や帰省時の移動は憂鬱に感じるものかもしれません。

 
乗り物酔いは、乗っている時の独特な振動で三半規管が刺激を受けて、一時的に自律神経失調状態に陥るために起こるもので吐き気やめまいなどの不快な症状をもたらします。

 
あらかじめ薬を飲んで対策するほかに、自分でも出来ることとしてツボを刺激するという方法があります。

 
乗り物酔いに効くのは、手首の付け根から指1.5本分ほど置いた手首の中央の凹んだ場所にある内関という場所です。
気持ちが悪くなってから内関を刺激をしても十分に効果を得られますが、酔いやすい人は、あらかじめ乗り物に乗る20分前にこの場所をしっかり揉んでおくとよいでしょう。

 
また、足のくるぶしから内側のすねに向かって、親指の幅5本分をあがったところにある築賓と、築賓からさらに親指の5本分ほど上がったところにある地機も乗り物酔いをした時に刺激をすると吐き気を改善する効果がある場所です。
この二つは近い位置にあるので足を組んだ状態で同時に両手の親指でほぐすように押し込むようにしましょう。
またこれら乗り物酔いに効果のある部分は、乗り物に乗る数日前から一日数分程度刺激をすることで乗り物酔いを防ぐことが出来るとされていますので、酔いが心配な人はあらかじめ準備をしておくとよいでしょう。